« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月23日 (木)

きもちのかたち

きもちのかたち 桜井家作品集上巻 (キュンコミックス)

きもちのかたち 桜井家作品集下巻 (キュンコミックス)

届いた!読んだ!2回読んだ!

…めちゃめちゃ…いいっすわぁ…

いいなぁ…凄いなぁ…

切なさ、愛おしさ、悲しさ、苦しさ、辛さ、面白さ

どれか1つじゃなく全ての気持ちがちゃんと描かれてて

とても大事な1冊(上下巻なので2冊?)になりました

自分もこんな風に誰かにとって大事だと思えるようなものを作りたい

という意欲にもなりました。

仕事が忙しいからって帰ってすぐへたれてちゃダメですね

仕事は仕事、趣味は趣味

どちらも力を入れていくべきものだから

だから頑張る。

よし、頑張る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

間違いみっけ

今日買った物

コミック百合姫 2009年 09月号 [雑誌]

発売される月は発売日に合わせて休みを取るという(笑)

今回も堪能させてもらったんですけど

一番印象的だったのは古街キッカさんの「graffiti」です

学校の机の上に描いたラクガキに返事が来て…というはじまりの作品

…これ、雨月実際にやったことがあります(笑)

中学の頃に理科室の机に「げんき?」って書いたら返事が来て

結構続いたけど消されてそれっきり。

っていう思い出と重なって、懐かしい感じがしました。

でも、あれなんですね、やっぱり「だれ?」って書くんだなぁ…

げんき?に来た返事が「だれ?」だったので、これもビックリ

でも、この作品で雨月は1つダウトを発見してしまいました!皆さんは気づきましたか?

ヒントは携帯のストラップ。

ゆるゆり 1 (IDコミックス 百合姫コミックス)

このゆる~い笑いが好きです(笑)

あずまんが大王 2年生 (少年サンデーコミックススペシャル)

高校の頃に読んでたのが、新装版とかなると…歳とったなぁと(笑)

この本がコンビニに売ってたのを発見した時はちょっとビビりました。

君が僕を~どうして空は青いの?~ (ガガガ文庫)

どろぼうの名人の著者の方の新刊です

コミックでは目立つようになってきましたけど

小説ではまだあまり目立たない気がする百合ジャンル

なので発売されたらついつい他のより丁寧に読んでしまいます

最近仕事上りが遅いから、書店が開いてる時間に間に合わない…

なので、溜まってた買いたい本をひとまとめに買ってきました

行かなかった日数に比べると意外と少なく済んだ気がする

きもちのかたち 桜井家作品集上・下は出版社さんがちょっと聞いたことがない所だったので

書店には入荷しないんじゃないかというヨミをしてネットで注文しました

普段はamazonを利用するところですけどこれまた予防を貼って7&Yで

amazonは、予約させるだけさせといていざ発売日になったら数が足りずに入荷待ち…とか焦らしプレイがお得意ですからね…今回のも既に1週間以内に発送となってます

特に初コミックスの作者のものとか…雨月は、結構前から予約していたのに極上ドロップスの1巻でその焦らしプレイをされてからは、予想外に注文が多く入りそうな本の場合は他の所を利用してます。

7&Yは初回搬入分の定数に達すると一旦予約を打ちきるので安心

だけど、店頭受け取りを選ばざるを得なかった上に、土・日・祝のトリプルパンチがある今回は未だに到着しておらず…22日到着とのことです…どのみち焦らしプレイ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

幸福の王女③

『幸福の王女③』(pixivに登録されてる方)
『幸福の王女③』(それ以外の方)

幸福の王女②からちょっと間隔が開いてしまいましたけど、③が完成しました
…仕事の忙しさでなかなか進めることが出来ずくじけそうになったとか内緒(笑)

と、いうことで『幸福の王女』これにて完結です~
元々普通の漫画形式で頑張ろうとしてたのが
コマ割りの出来なさが原因で作成が止まってたので
それを無理矢理縦長のコマ漫画にしたってことで
自分が今まで作ったコマ漫画の中でも群を抜いて最長な作品に(汗)

上手くまとまってるかどうかは分からないですけど
最初に、こういうのが描きたいってイメージしたものとほぼ変わらないものが出来たので
個人的には…3つで無事終わってよかったなと(笑)

以下キャラ補足

アサコさん
アサコさんはどちらかというと人のイメージを破るのが苦手な人です
真面目で委員長タイプっていう人からのイメージを損なうのが怖くて
自分ではそんなでもないのに、ついつい頑張っちゃう人
キクコさんと付き合い始めた事によって
この2人で考えてる他の話では、真面目さを残しながらもうちょっとはっちゃけた性格になってます(笑)


キクコさん
キクコさんは来るもの拒まず去る者追わずな人で遊び人のように振舞ってますが
実は、人から断られること、拒まれることに対して、極端なほど恐怖を感じる人で
そのため自分から行動を起こしたり、話しかけたりとか
自分から他の人に何かを求めることをしない人です。
アサコさんに対する思いを抱きながら、フラフラしてるのは
求めて拒絶された時に、元の関係に戻れなくなるのが怖いから
そうなるくらいなら、今の関係のまま繋がっていたいという思いの表れだろうなと。
多分過去にあった何かが原因で今の性格になったという、不安定な設定のまま育ったキャラ(考えろよ;)

ということで不必要に白字にしてみました。

この二人でのお話は結構考えているので
機会があればまた描いてみたいなって思います。

とりあえずこれはこれで完結
拙くて分かりづらい部分もあったと思いますが
読んで下さった方、本当にありがとうございました。 

『幸福の王女①』(pixiv)
『幸福の王女①』

『幸福の王女②』(pixiv)
『幸福の王女②』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

AXE EFFECTの

Axe

AXE EFFECTのCMに出てくる店員の女の人が

ものすごく可愛らしいと思う今日この頃

皆様いかがお過ごしでしょうか、雨月です(笑)

あまりにも可愛らしいから描いてしまいました

うぅ…似てない・゚・(つД`)・゚・

幸福の王女③は線画が半分終わりました~

①と②と比べるとかなりローペースで進んでます(汗)

来週中にはなんとかしたい…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

幸福の王女②

『幸福の王女②』(Pixivに登録されている方)

『幸福の王女②』(その他の方)

割りとサクサク進んだので

予定より少し早く②を仕上げることができました。

なんとか3つで終わらせようとちょっと削ったりしたので

分かりにくかったらごめんなさい(汗)

残りはあと1つ

次回は主にキクコ視点で進んでいく予定です。

『幸福の王女①』(Pixiv)

『幸福の王女①』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

ロロナのアトリエ

ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術師~(通常版)

発売日には入手してたんですけど… 
しかもその日から連休だったんですけど…
ひたすらコマ漫画を描くのに夢中になってたので
すっかり手つかずだったロロナのアトリエですけど
今日ようやく始めることができました~
買ってきた本を読んで、CandyboyのDVD2を見て、1も見たくなって見終わった後ですけど(^-^;)

まだまだ超序盤ですけど
予想していたより割りと百合っぽい雰囲気が漂う会話が出てきたりします
この作品が発表された時には女性キャラだけしか情報が出てなかったのに
後々男性キャラがポロポロ出始めたので
百合要素は薄目なのかなぁ…って思ってたんですけど意外や意外

「実家(住み込みなので)に戻ってきてもいいですか?」と尋ねるロロナに対して師匠であるアストリッドさんが
「む、何故だ?私と寝るのが嫌になったのか?」とか序盤からサラッと言ってきます!

幼馴染の、く~ちゃんがロロナに対してツンデレです
そしてゲーム画面の会話画面からしてみても主人公のロロナと比べても、背が…ちまい
それなのにロロナに対してお姉さんぽい態度をとるので、その背のギャップに勝手に萌えてます(笑)
あと、戦闘に勝利した時に飛び跳ねるのが可愛いです。
しかし…ツンデレさんが特別好きって訳じゃないのに…
普通の男主人公のゲームやコミックとかで「あ、アンタを心配してるわけじゃないんだからっ!」みたいなセリフがあっても平気なのに…
主人公が女の子に変わるだけで、どうしてこんなにツンデレ娘に翻弄されるのか…
うん、百合だからですね(笑)

マリーとかエリーとか、アトリエシリーズは結構やってきたので

百合要素がなくても買う予定ではあったんですけど
あるかないかって言われたら、もちろんありな方が嬉しいですからね
おそらくキャラ別エンディングだと思うので、しっかり堪能したいと思います。
戦闘では戦闘力が高い男性キャラを仲間にした方が有利ってのは分かってるんですど
ここはあえて、くーちゃんとペアで採取にっっ…行ったら見事にボロボロだったので
渋々強い人を雇いたいと思います(笑)

コマ漫画の「幸福の王女②」は線画と肌以外の彩色が終了しました
残すは肌の色塗りと文字入れです。
明後日ごろまでにはなんとかなるんじゃないかな~と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »